空手

現在のフルコンタクト空手で最強の現役選手は誰?勝手にランキング

更新日:

新極真会の第50回全日本大会が開催されましたね。この大会は、2019年の世界大会の選考会も兼ねています。

上位4人の選手は世界大会選抜に選ばれますがこの大会は凄かったですねえ。

優勝候補が、4回戦で1本負けをきしたり、まさかこの選手が決勝までいくとは!と驚きの連続でした。

今回はフルコンタクト空手の現役選手で最強の選手を勝手にランキング形式で選びました。

独断と偏見で選んでますから、読み物として読んで頂き、ノークレームでお願いいたしますね。



Sponsored links






私が独断で選んだフルコンタクト空手選手・ランキング!!


  • 10位:落合光星 選手

  • 9位:岡﨑陽孝 選手

  • 8位:福地勇人 選手

  • 7位:髙橋佑汰 選手

  • 6位:前田勝汰 選手

  • 5位:島本一二三 選手

  • 4位:加藤大喜 選手

それでは、10位から

  1. 落合光星 選手


  2. 名前:落合光星 選手 
    身長・体重:182㎝・125キロ
    生年月日:1991年6月19日
    所属:新極真会・和歌山支部
    段位:初段
    主な戦績:2014年 第1回JFKO大会 重量級 3位 2015年 第2回JFKO大会 重量級 準優勝
    全日本大会:2009年 2010年 第42回全日本大会 6位 2014年 第45回全日本大会 優勝・試割賞

    私の感想:落合選手を試合会場で見たときに、思わず『レッドキング!』と言ってしまいました。まさに現在のレッドキングです!

    最近の若い方は分からないかもしれませんが、怪獣です。

    あの恵まれた体格から繰り出す、ワンツーのパンチはトップ選手でも、まともに受けたら、下がってしまいますよね。
    また、あの大柄な体格から繰り出すハイキックやローキックで一本勝ちもするのですから、蹴りのポジショニングが素晴らしいです。

    私が一番好きな、攻撃は左のヒジ打ちなんです。中々マネできる技では無いですが、あれを喰らったらもう終了です!

    実際、全日本大会を優勝していますから、技もパワーも超一流です。私が大好きな選手の一人です。



    次に9位ですね。

  3. 岡﨑陽孝 選手


  4. 名前:岡﨑陽孝 選手 
    身長・体重:164㎝・65キロ
    生年月日:1996年12月4日
    所属:新極真会・千葉南支部
    段位:初段
    主な戦績:第1回JFKO大会 軽量級 準優勝 第2回JFKO大会 軽量級 優勝

    私の感想:岡崎選手は、動きの早さが尋常でないです。それでいて、蹴りが正確なんです。インローキックや膝蹴りで内股を狙って蹴っています。

    こんな老獪な技を20代前半の選手がやるんですよ!すばらしいです。小柄ながら打ち負けないですし、ホント強いですね。


  5. 福地勇人 選手


  6. 名前:福地勇人 選手 
    身長・体重:178㎝・73キロ
    生年月日:1993年10月7日
    所属:白蓮会館
    段位:弐段
    主な戦績:第1回国際JFKO大会 中量級 優勝

    私の感想:福地選手は、白蓮会館のスーパースターです!2018年のJFKO国際大会で中量級で優勝しています。

    サウスポーからの左ストレートと膝蹴りを得意とする攻撃で超強い選手です。最近見つけた動画で、福地選手が組手で疲れない膝蹴りのコツについての動画があります。

    これは参考になりますよ!私は次回の稽古時のスパーリングで実験してみますよ。
    福地選手は、空手界の中でもイケメンでもトップレベルの選手です。

      

  7. 髙橋佑汰 選手


  8. 名前:髙橋佑汰 選手 
    身長・体重:181㎝・94キロ
    生年月日:1993年3月5日
    所属:国際空手道連盟極真会館(松井派)
    段位:弐段
    主な戦績:2017年 極真会館第6回全世界ウェイト制大会 軽重量級 準優勝
    2017年 極真会館第49回全日本大会 優勝

    私の感想:極真会の選手と新極真会の選手は大人の事情で組手をしないので、何とも言えませんが、極真会館でトップレベルで強い選手であることは間違いないです。

    JFKOや新極真会の試合を見なれてるせいか、極真会館の試合は分かり難いです。(私の勉強不足ですみません)

    前蹴りやミドルキックが上手い選手ですけど、イケメンなので更に強く見えますね~


  9. 前田勝汰 選手


  10. 名前:前田勝汰 選手 
    身長・体重:168㎝・78キロ
    生年月日:1993年7月5日
    所属:新極真会・和歌山支部
    段位:弐段
    主な戦績:第50回全日本大会 3位 第6回全世界ウェイト制大会 軽重量級 優勝

    私の感想:大きな選手では無いですが、パンチの破壊力は抜群です!

    もう、飛びながら全身で突きを打っている感じで、ヒットしたら、相手選手は下がってしまうほどです。

    思い出に残る前田選手のベストバウトは、2015年の全世界大会で、バレリ選手に相手にバレ蹴りを放つという専売特許を奪う活躍でバレリ選手を破ります。

    もう鳥肌ものですよ!



    Sponsored links




  11. 島本一二三 選手


  12. 名前:島本一二三 選手 
    身長・体重:172㎝・80キロ
    生年月日:1986年3月11日
    所属:新極真会・広島支部
    段位:参段
    主な戦績:2011年 第28回ウエイト制大会 中量級 優勝 2012年 第44回全日本大会 準優勝 2015年 第11回世界大会 5位

    私の感想:すばらしい選手です。新極真会の50回全日本大会では、三日月蹴りで一本を取っています。

      

    開始30秒くらいで決着がついています。後日談として聞いたのですが、一本負けをした緑選手ですが、肋骨が折れてしまったそうです。

    最初に審判が試合初めの合図をして構えたときに、相手選手の右手のガードがガラ空きだったので、三日月が入ると思い、狙っていったそうです。実際、1本取ってますし、凄すぎますね。

    良く見て頂いたら分かるのですが、一回、上段回しを打って、ガードを上へ意識させてからの三日月蹴りです。御見それいたしました。
      


  13. 加藤大喜 選手


  14. 名前:加藤大喜 選手 
    身長・体重:178㎝・83キロ
    生年月日:1992年6月1日
    所属:新極真会・愛知山本道場
    段位:弐段
    主な戦績:2013年 第45回全日本大会 準優勝 第1回国際フルコンタクト空手道選手権大会 軽重量級 優勝

    私の感想:上段内回し蹴り・外回し蹴りが秀逸です‼

    もう見えないレベルですよ。足技が華麗な選手はかっこ良いですよね。

    加藤選手は、愛知山本支部なんですが、山本師範はカミソリキックで有名な方で、華麗な蹴り技は師範直伝なんでしょう。

    キレキレです。


    3位から1位までを発表しましょう!


    どうでしたか?知っている選手もいれば、全然知らない選手もいたもしれませんね。ほんとはまだまだ、紹介したいですが、外国人も含めるともっとたくさんいます!

    続いて3位ですよ。

  15. 入来建武 選手



  16. 名前:入来建武 選手 
    身長・体重:180㎝・90キロ
    生年月日:1995年4月29日
    所属:新極真会・東京城南川崎支部
    段位:弐段
    主な戦績:2015年 第11回世界大会 準優勝 2016年 第48回全日本大会 優勝 第1回国際フルコンタクト空手道選手権大会 重量級 優勝 

    私の感想:50回大会は4回戦でまさかの一本負け。波乱の大会でしたが、実力はこんなものではないはず。

    2019年世界大会の切符を早くとって、大暴れしてほしいですね。

    下段回し蹴りが強烈で最後、30秒からの怒涛のラッシュで相手選手が下がっていきます。

    ラッシュでは、下段回し蹴り、ワンツー、膝蹴りとスッテプして右から打ったり左から打ったりとすざまじいですよ。


    次は2位です。

  17. 山本和也 選手


  18. 名前:山本和也 選手 
    身長・体重:170㎝・85キロ
    生年月日:1993年11月21日
    所属:新極真会・東京東支部
    段位:初段
    主な戦績: 2014年 第1回JFKO大会 重量級 優勝 2015年 第2回JFKO大会 重量級 優勝
    2016年 第3回JFKO大会 重量級 準優勝 2018年第50回全日本大会 準優勝

    私の感想:今回の全日本大会での上段膝蹴りは、視界から見えない角度からヒザが飛んでくるそうです。

      

    あの加藤大喜選手が倒れるんですから。すごい技ですね。まず基本的に普通は相手のカモまで膝が上がらないです。

    トップレベルの選手は、上段膝蹴りは普通の事なのかもしれませんが、私には、無理です!

    スパーリングで中段膝蹴りをしようと思い脇腹を狙っているのに膝が上がらず、金的膝蹴り(そんな技無い)をしてしまい、相手を反則で倒してしまうほどです。

    ですから、上段お膝を蹴れるだけでリスペクトです!



  19. 島本雄二 選手


  20. 名前:島本雄二 選手 
    身長・体重:177㎝・90キロ
    生年月日:1990年1月23日
    所属:新極真会・広島支部
    段位:参段
    主な戦績
    2012年 第29回ウエイト制大会 重量級 優勝
    2012年 第44回全日本大会 優勝・試割賞
    2014年 第46回全日本大会 優勝・試割賞 
    2016年 第48回全日本大会 準優勝 
    2017年 第49回全日本大会 優勝
    2018年 第50回全日本大会 優勝
    2013年 第5回カラテワールドカップ 重量級 3位
    2015年 第11回世界大会 優勝 
    2017年 第6回全世界ウエイト制空手道選手権大会 男子重量級 優勝

    私の感想:全日本大会を1回優勝するだけでもものすごく大変なことなのに、4回優勝していますから、普通ではありません。

    グランドスラム(全世界大会、全世界ウエイト制大会、全日本大会、全日本ウエイト制大会の4大大会制覇)を達成した新時代を代表する名選手です。

      


    何が凄いのでしょうかね?全部凄いんでしょうね。ディフェンスから攻撃全てにおいて弱点なしです。

    技はどの技もすごくて、特に前蹴りがすごくてDVDも出しております。

    私は思わず買っちゃいました。ですが、参考としてですが、あのようにはできないと感じております。

    上段内回しで一本勝ちもしますし、突きも強いし、死角なしですね。



    Sponsored links




    まとめ

    いかがだったでしょうか。TOP10を独断で選びましたが、強い選手は全国にたくさんいますね。

    昔は、東京に強い選手が集まっているというイメージでしたが、現在では、広島や愛知や和歌山など全国に強い選手がおられます。

    また、そういう選手に憧れて子供たちや壮年のオジサンたちも頑張ってもっと強くなってほしいですね。

    押忍!


    Sponsored links

-空手

Copyright© 空手格闘技びと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.