フルコンタクト空手

第5回JFKO空手大会2019結果を中年空手家が勝手に総括

更新日:

どうも!空手バカです!
いやあ、すごかったですね。
今回、2019年5月18日〜19日の第5回全日本フルコンタクト空手道選手権大会を見に行ったのですが、アラフィフ空手家が独断と偏見で総括しますので、詳細はyoutubeで見てください!

ざっくり感想を話しますと、今まで独壇場であった新極真会でしたが、苦戦していた感じです。

詳しく行きますので、よろしくお願いしますね。


Sponsored links


第5回JFKO空手大会2019結果の総括


  1. 男子軽量級
  2. 男子中量級
  3. 男子軽重量級
  4. 男子重量級

それでは行きますね〜

男子軽量級


優 勝 大石航輝(芦原会館)
準優勝 河瀬惇志(新極真会 佐賀筑後支部)
第3位 寺崎昇龍(士衛塾)
第4位 大野篤貴(無限勇進会)

まず最初にですが、軽量級の試合は動きが早いですね。

早すぎて中年空手にはついていけません(笑)

その軽量級の試合で一番の見どころは、新極真会の岡崎選手です。

普通に決勝戦に行くと思っていた岡崎選手ですが、何と無限勇進会の大野選手に負けてしまいました。

これで、新極真会では河瀬惇志選手に期待をしていましたが、決勝で芦原会館の大石選手に合わせ一本で負けてしましましたね。

右の下段回し蹴りが炸裂したのですが、そんなにすごいとは思っていませんでしたが、めちゃめちゃ効いていたんですね。

合わせ一本ですから。

改めて、今までしたら新極真会の独壇場ですたが、他流派の選手も強いのが分かりました!


男子中量級


優 勝 後迫龍輝(新極真会 大阪神戸湾岸支部)
準優勝 田中裕也(山田道場)
第3位 石野源太郎(桜塾)
第4位 緑 強志(新極真会 福岡支部)

後迫選手ですが、圧倒的な強さでしたね。

もうひとり、注目していたのが、白蓮会館の福地勇人選手です。

第4回全日本大会、昨年の第1回国際大会でもに中量級のチャンピオンになり、今大会でも優勝候補の筆頭だったのですが、後迫龍輝(新極真会大阪神戸湾岸支部)に延長の末、負けてしまいました。

福地選手は、得意の膝蹴りでリズムをつかもうとするのですが、後迫選手のラッシュの前に屈しました。

延長の時は、正直再延長かなと思いましたが、それだけ僅差だったはず。

個人的は、福地選手の動画が好きなので次も頑張ってほしいです。

因みにですが、福地選手は3位以内に入りませんでしたので、私服に着替えていましたが、イケメンで格好良かったです。


Sponsored links



男子軽重量級


優 勝 前田勝汰(新極真会 和歌山支部)
準優勝 江口雄智(新極真会 福岡支部)
第3位 加藤大喜(新極真会 愛知山本道場)
第4位 島本一二三(新極真会 広島支部)

決勝戦は、新極真会の前田勝汰選手と江口雄智選手。

この支配はすごかったです!空手の試合で歯が飛んでいったのを初めて肉眼で見ました!

普通殴られて歯が飛んで行ったら、倒れて、うずくまって試合が中断して、ドクターが確認とかするじゃないですか。

殴られた前田選手は、一旦は倒れるのですが、すぐに立ち上がり試合続行ですよ。

いくらアドレナリンが出ているとはいえ、素晴らしいスピリットですよね。

試合は、歯が取れたあと、前田選手の鬼のようなパンチの連打で、応戦する江口選手を押し切り、本選5-0で勝ちました。

敗れた江口選手ですが、新極真会の全日本大会では、良く顔面を殴られて、減点をもぎ取り、優勢勝ちを何回も獲得しており、顔面狙いで上がっている選手と勝手に決めつけておりましたが、今回は全然違いました。

決勝戦での前田選手もそうですが、準決勝戦での加藤大喜選手ともまともに打ち合い、かなり自信を深めているという印象を持ちましたし、実際強かったですね。

また、まだ22歳ということですからまだまだ活躍していける選手の一人です。


男子重量級


優 勝 山口翔大(白蓮会館)
準優勝 落合光星(新極真会 和歌山支部)
第3位 入来建武(新極真会 東京城南川崎支部)
第4位 後藤優太(空手道MAC)


重量級は、今回は新極真会の島本雄二選手と山本和也選手が出場していないですが、その中でも優勝した白蓮会館の山口翔太選手は素晴らしかったです!

まず、決勝戦の山口選手VS落合選手ですが、落合選手は体重が125キロもあり、パンチや肘打ちもえぐいぐらい強いですよ。

その選手と打ち合って、最後、30秒くらいでラッシュですからね。ラッシュで下段回し蹴りからパンチ、膝蹴りと勝負に対する執念を感じました。

また、新極真会のエースで去年のJFKOの覇者の入来建武選手と山口選手との闘いもすごかったですね。

やはり入来選手の下段回し蹴りとラッシュが出ず、逆に山口選手のラッシュの方が素晴らしかったです。

山口選手は白蓮会館所属ですが、2019年の11月開催の新極真会の世界大会の出場権を得ました。

島本選手や山本選手また、リベンジをかける入来選手や落合選手と外国人選手との熱い戦いが楽しみですね。


Sponsored links


第5回JFKO大会の予想の記事があります。興味のある方はどうぞ!
JFKO国際空手道選手権大会2019の男子優勝者を大胆予想します



まとめ


いかがだったでしょうか?

やっぱりJFKOに出場する選手は凄い選手ばかりですね。

今回一番注目したのは、重量級優勝の山口選手です。

来年のJFKO世界大会と新極真の世界大会頑張ってほしいですね。

その中でも上位に来る選手は、人生をかけている人たちばかりですよね。

カッコよすぎます!

これからも応援します!

押忍





Sponsored links

-フルコンタクト空手

Copyright© 空手格闘技びと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.