フルコンタクト空手

極真空手で小学生が組手で強くなる5つの練習法を徹底解説

更新日:

こんにちは。中年空手バカです。私の心残りは、自分の子供に空手をやらせたかったなと思うんですよ。

だって、空手をやると子供は心身ともに成長しますからね。

組手や形(型)の試合で入賞したら、さらにモチベーションが上がり、勝つことの喜びや負けることの悔しさを体験できますからね。

形(型)も大事ですが、延長線上には組手に勝つという目標があるはずですよね。

空手は武道ですから最終的には相手に対峙して勝つこと飲みしか考えてはいけませんからね。

組手ですが、小学生で型は上手いけど組手は強くない選手や両方ともうまくない選手が当然います。

今回は小学生で組手に勝つにはどうしたら良いか徹底解説していきますね。

Sponsored links



極真空手に必要な能力は以下の5つがあれば十分勝てます!


極真に必要な5つの能力


  • パワー

  • スピード

  • スタミナ

  • 打たれ強さ

  • 技術



それでは、一つずつ説明していきますね。

パワー


小学生でしたら、そんなにパワー入らないかと思うかもしれませんが、試合を見てみると大きな選手がだいたい優勝していますよね。

やはり大きな選手が有利なんですよ。大きい=パワーです!

パワーが必要だという事が分かって頂けたと思いますので、次のステップでパワーを付けるにはどうするかという事ですよね。

体力をつけることが最優先となります。

体力アップというと、大人であれば、筋トレとか器具を使ったウェイトトレーニングが必要です。

しかしながら、子供の場合は、まずは手を抜かずに稽古を一生懸命おこなうことを心がけてください!

次に、補強運動です。腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワットの補強運動だけでも、体力強化につながります。スタート段階は、自分のできる回数をこなしていけばいいでしょう。

腕立て伏せ⇒突きの力のアップ。腕の振りを速くでき、突きの力を上げる
腹筋⇒打たれ強さを増す。抱え込む動作が速くなり、蹴る力を上げる
スクワット⇒蹴る力を上げる



スピード


スピードについては、そのままズバリですが、スピードがある方が技が見切れられないですし、スピードのある技を出せば出すほど、手数が多くなるので、審判の印象も良くなりますよね。

スピードを付ける方法ですが、基本的には、基本稽古の空打ち、空蹴り時には、スピードを意識して、早く技を出そうと思って稽古することです。

ただ漠然と、稽古していても早い技は出せませんよね。意識することがとても大事であることと前回の稽古よりも今回の稽古は、早く技を出すぞ!という気迫が大切です。

スタミナ


スタミナがフルコンタクト空手で一番つけないといけない要素ですよ。

スタミナがないと攻撃できないですし、攻撃されてもきちんとディフェンスできませんから。

相手と同じくらいの強さの場合、当然ながら延長戦になりますよね。

本戦(1.5分)と延長戦(1分)を戦えるだけのスタミナが必要です。

具体的には、ビックミットのイキアゲが効果的ですよ。

  

1.5分⇒15秒インターバル⇒1分の2回をイキアゲすると良いです。

可能であれば、週に2回はしてほしいですね。大人であれば、稽古終わりに自主練でイキアゲをするのですが、小学生の子供さんはそういう若にはいきませんから、自宅でやるしかないですね。

ビックミットですが、値段はそこそこしますが、強くなるためには必需品となります。



試合の時のアップ時にも使えますから重宝しますよ!

Sponsored links


次は打たれ強さについてですよ。

打たれ強さ


試合初め!の出会い頭で、上段回し蹴りか上段前蹴りなどが決まって1本取れない限り、突き(パンチ)の攻撃とディフェンスは欠かせません。

その時に、ディフェンスも良いのですが、効かされない体を作る方がディフェンスするより早いです。

打たれ強さはある程度、稽古でも身につきます。

ですけど、極真空手伝統の腹叩きがあるんですね。

  

最初は、軽めのパンチで慣れてきたら、強めにするのがコツです!10回を1セットとして、2セットを週に3回くらい行うとよいですよ。


技術


技術については、現在指導して頂いている先生にしっかり稽古をつけてもらうしかありません!

コンビネーションだったり、足のステップの方法などとにかく先生の言う事を理解して、稽古するのが一番です!

ポイントですが、とにかく手数を多く出すという事につきます。

これで、試合が有利になりますので、その意識で稽古してくださいね。


Sponsored links



まとめ


いかがだったでしょうか?5つのポイントのおさらいをしていきますね。

空手で必要な能力は、パワー・スピード・スタミナ・打たれ強さ・技術です!

とにかく、継続は力なりですから、一歩ずつ頑張って下さい!

まだまだ、私のような壮年空手とは違い、先は長いですから、しっかり稽古してください!

オス!




Sponsored links

-フルコンタクト空手

Copyright© 空手格闘技びと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.