フルコンタクト空手

長嶋一茂さんが空手大会で優勝?どんな流派で強いのか徹底解説

更新日:

どうも、中年空手家です!

いやあ、普通はテレビ番組はあんまり見ないのですが、お正月ということもあり、あのテレビ番組をみてしまいました。

そうです!炎の体育会TVです。

たまたま見てたら、長嶋一茂さんが空手の試合をするというじゃありませんか。

今回は、関東大会ですが、世界大会の記事もありますので、興味のある方はどうぞ!
長嶋一茂さんが空手世界大会でメダル?どんな流派の闘いか解説

実際、長嶋一茂先輩が、どんなにつよいのかテレビを観た感想をしていきたいと思います!


Sponsored links



最初にあの空手大会はどの流派の大会なのかということをお話していきますね。


長嶋一茂さんが優勝した空手流派と試合概要について


  • 極真会館(松井派)について
  • 極真会館の試合ルールとは
  • どんな階級の試合だったのか

それでは、詳細を説明していきますね。


極真会館(松井派)について


極真会館と言えば、極真カラテですよね。

フルコンタクト空手(どつき合いの空手)の元祖と言っても過言でありません。

大山倍達総裁が、創立した空手団体のひとつで、直接打撃制の空手です。

大まかに言いますと、素手で相手にパンチしたり、蹴ったりする空手です。顔面を殴ることと、金的攻撃は反則!

ですから、攻撃される方はたまったもんじゃないですよ!当然痛いですからね。

ですから、相手にいかに攻撃されないように攻撃するかが極真空手の醍醐味であり、真髄です。

(松井派)と記載させて頂いたのは、極真会館は、大山総裁が逝去した後、分裂したからです。

その分裂は今も続いており、何流派あっるか把握できないほどになっております。

その中でも極真会館(松井派)は、フルコンタクト空手の雄として、会員数が日本のみならず世界的に最大級の規模の流派。

その他の空手の流派についての記事がありますので、興味のある方はどうぞ!
空手流派の一覧とその特徴!あなたのお子さんにピッタリなのは?


次にどんなルールなのかお話していきますね。

極真会館の試合ルールとは


試合時間:一般の試合は、2分ですが、壮年部(35歳以上)は、1分30秒
審判:主審1人と副審が2人の合計3人
反則行為:顔面殴打、金的攻撃、頭突き、投げ技など

もっと細かくルールはあるのですが、詳細はこちらの記事を参考にしてくださいね。
極真空手の試合のルールの違いを流派別に徹底解説します

試合を見て思ったのですが、私が所属しているフルコン空手とは、違い挨拶に非常に厳しいですね。

きちんと挨拶ができないと、注意されて、もう一度挨拶し直すというのは、よくある話なのですが、それで、『注意』を受けるというのは、初めてです。

それだけ、極真会館は、挨拶指導といいあすか、礼儀を重要としているんですね。

素晴らしいです!それでこそ武道と感じた一瞬でした!

あと、気になった点は、審判が3名だということです。

試合をするエリアは、四角形ですから、四方に其々審判を置いて、主審と合わせて5名というのが普通の流れと思うのですが、2名の副審で、四方をカバーするのは難しいように思いました。


Sponsored links


次に試合の階級についてですね。

どんな階級の試合だったのか


長嶋一茂選手が出場した試合ですが、シニア50歳以上の体重が80キロ以上の階級です。

ビックリしたのは、エントリーした出場選手が8名もいたということです。

関東大会だからか極真会館だからか分かりませんが、50代で80キロ以上のシニア空手家が8名も出場するというのは、選手層の厚さを感じますね。

さすが!極真会館です!

ちなみにですが、50歳以上のクラスで、70キロ以下クラスの階級の試合で15名、70キロ~80キロの階級が10名です。

50歳以上の選手が、33名もいるというのは、ホントに規模の大きい大会ですね。羨ましいです。

次に長嶋一茂選手の試合ぶりについてですが、

やはりあの体格は伊達ではないですよね。鍛えているのが分かりますよね。

試合では現役の自衛隊の方も出場されていましたが、50代で鍛えている方はあんまりいないです。

だいたい、お腹が出ている方が多いのが現状ですね。

さすが!一茂さんです。あの野球で鍛えた体をさらにインスパイアされて、その体躯から繰り出す、前蹴りと膝蹴りはスゴイ破壊力のはずです。

実際、黄帯の方との試合で吹っ飛んでいましたからね。

80キロ以上の人間と前蹴りで吹っ飛ばすのはなかなかできるものではないハズ。

強いです!


また、ラスト20秒あたりからのラッシュは、作戦なのでしょうが、ラッシュできるのは、きちんとスタミナ稽古ができている証拠ですよ。

イキアゲも相当やっているはずですね。

大したものです。

延長の試合になりましたが、延長の試合ですとシニアの試合では、精神論になりますが、気合でどちらが勝ちたい気持ちがあるかということでより攻撃(手数)の多い方が有利です。

確かに延長戦での一茂選手のラッシュは、手数が出ていましたね。

侮れないですね。

もともと、タレントとしてもおもしろい人だなと思っていましたが、まずます好きになりました!

タレントで空手の有段者の方って結構いるんですよね。黒帯を持っている芸能人の詳細記事がありますので、興味のある方はどうぞ!

空手の有段者の芸能人ってどんな人がいるの?11人をご紹介します!

Sponsored links



まとめ


いかがだったでしょうか?

長嶋一茂選手の強さは、ダテではないですね。

今回は関東大会で優勝です!

パンチの突き方をさらに磨きをかければ素晴らしい選手になれるはずです。

テレビでは、『大人の青春』と言われていましたが、アラフィフのスーパースターです。

私もその他のシニアの方も、是非長嶋一茂選手のように、大人の青春を取り戻しましょう!

オス!

Sponsored links

-フルコンタクト空手

Copyright© 空手格闘技びと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.