空手

ストレス解消できる運動とは?中間管理職がおすすめをご紹介!

更新日:

私はアラフィフになろうとしている小さい会社の中間管理職です。どんな会社でもどんな仕事でも大変なことは変わりなくて、しんどいものですよね。

納期に追われたり、品質に問題があったり、コストの問題もあったり・・・と日々様々な問題と対峙しておられると思います。

そうすれば、毎日毎日大変で、ストレスもあるものと思います。実際私もストレスが重なり、昔は、体調を崩したことも何回かあります。

ですが、今日々充実しております。それはストレス解消のために運動をしているからです。

今回は、ストレスが発散できる、おすすめスポーツの紹介とその理由をお話いたしますね。



Sponsored links



私がおすすめするのは格闘技です。格闘技は最高です!
なぜ、格闘技がストレス発散になるのかを私なりに説明いたしますね。

  • 全てが忘れられる

  • 気分爽快になる

  • 達成感がある

  • 仲間ができる


それでは、説明いたしますね。

>全てが忘れられる


仕事のことを忘れられる環境ってなかなかありませんよね。帰宅して風呂に入っていても、寝る前でも明日の仕事のことを考えると憂鬱です。

格闘技は大量の汗をかきます。汗をかいているときは、体温は上昇していますし、何にも考えられませんよね。

練習時には、油断できない状態があります。特にスパーリングの時などは、集中しないと相手に攻撃され、蹴られたり、パンチされたりします。

ですから、仕事のことを考える余裕は一切ありません!!

本当にすべてが忘れられます。それだけでも、有意義な時間を過ごせること間違いなしです。


気分爽快になる

格闘技ですから、汗は大量に出ます。ですから水分補給時などの新陳代謝が活発になりますね。そうすると気分が爽快です。

また、合法的にパンチやキックをするって、すごく気分が晴れやかになります。

スパーリング時に対峙した相手と本気でないにしろ、打ち勝ったら高揚感がありますよ。これって気分爽快です!

ですが、逆に強い相手とやって負けてしますと『魂が揺さぶれる感じ』があり、燃えてきてもっと、強くなろうという気持ちになります。

頑張った自分に対して気分が晴れやかになります。

ですから、打ち負かしても、負けても気分が爽快になるんです。不思議な感覚ですが、晴れやかです。


達成感がある

練習(稽古)が済んで、談笑して、着替えて帰宅するときに、車に乗り込むまでの時間が1分くらいあるのですが、その時
汗をかいた自分の体を風が通り抜けて、爽やかな気分になります。

そして、『今日は、やり切ったな!』と思うんです。もう、アラフィフになる年齢ですが、『まだまだ、やれるな!』と自分を鼓舞しながら、達成したことに喜びを持てるようになるんです。

1年前は、体中があざだらけだったのに、今はそうでもないな。とか
1年前は、スパーリングで○○さんにボコボコにされていたけど、今は私の方がちょっと勝ってるかな。とか
1年前は、全然きちんと蹴れなかったのに、今はサマになってきて、指導員の先生に褒めてもらったな。とか

回数を重ねるごとに、自分の経験値が目に見えるように分かってくるので達成感があります。


仲間ができる


利害関係のない仲間と一緒に稽古して、話したり語ったり、お酒を飲んだり、いろんな行事を行います。するとなぜか心の友人と言いますか、安心感が生まれるんですよ。

それほど深く付き合わなくても、なんか分かりあえるというかそういう付き合いができて、その仲間に会うだけで、ホッとするというか仲間といる間は、仕事や家庭のこととか忘れられるんですよ。

これは、皆さん言っていることなんですが、私は空手をやっているのですが、
空手で知り合う方で悪い人やあんまり近づくのやめようと思う方がいないんです。皆さん善人ばかりなんです。


Sponsored links



次にストレス解消できるスポーツをご紹介しますね。

ストレス解消できるおすすめのスポーツ

  • 空手

  • キックボクシング

  • 総合格闘技



空手

空手には、大きく分けて、寸止め空手とフルコンタクト空手があります。フルコンタクト空手は、実際に相手の体に攻撃して、寸止めしないので感覚が気持ち良いです。

蹴られたり、殴られたりはしますが、その分、こちらも殴ったり、蹴ったりします。やられたらやり返すの精神ですと気分は爽快です。

また、フルコンタクト空手ははほとんどの流派が顔面殴打は禁止です。顔面を蹴られることはあっても、殴られることはありません。

これが、キックボクシングと違うとところです。

スパーリング時には、相手と対峙して軽くですが、試合形式で練習します。この時ももちろん、相手を打ち負かしたら気持ちいですが、空手の練習は他にもあるんです。

ミット練習といって、ミットめがけてパンチや蹴りの練習をします。ミットにうまく当てると『ドスンッ!』と良い音がします。

すると、ミットを持っているパートナーが『いいですねえ!効きますよ!』とか言ってくれるんです。おだてられて益々良い気分になったりします。


キックボクシング

キックボクシングは、基本的にはフルコンタクト空手に顔面へのパンチがOKになった感じのものです。練習では、スパーリングあり、ミット練習もあります。

気分の爽快度は、空手と同じようにMAXになりますよ。但し、田舎にはあんまりキックボクシングジムはないのが残念ですね。

首都圏はたくさんあると思いますよ。


総合格闘技

総合格闘技は、寝技あり、関節技あり、キックやパンチもあります。ですから総合っていうんでしょうね。相手をタップさせる(関節技などが決まると相手が降参して、自分の体をたたくこと)と気持ちが良いです。

技が多岐にわたるので、一通り分かるまで時間はかかるでしょうが、一旦分かってしまうと、どの技で決めてやろうかとワクワクするに違いないですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?格闘技を行うと以下の項目でストレス発散できます。

  • 全てが忘れられる

  • 気分爽快になる

  • 達成感がある

  • 仲間ができる


また、格闘技をやるのであれば、空手・キックボクシング・総合格闘技がおすすめです。田舎でも空手の道場はありますが、キックや総合格闘技はなかなかありません。

ストレス発散のために格闘技をはじめてみてはどうでしょうか!参考になれば幸いです。


Sponsored links


Sponsored links

-空手

Copyright© 空手格闘技びと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.